2008年11月08日

いよいよ終わりへの道

麻生首相の政策を見ていると、もはや安楽死への道を選択したように思える。どんなに頑張ったって我が国財政を立て直すことなど不可能だということを認識しかのか? 考えて欲しい。優良企業の代表的存在だったトヨタの減収を見ても解る通り、今年の税収は大幅に落ち込むことだろう。

一方、自民党の人気稼ぎのため「国民の負担を減らす」という錦の御旗を打ち立て、バラ撒きを連発するという。一人1万2千円(18歳以下は2万円)の定額給付金など愚民政治の最たるもの。何と2兆円もの税金を使うというのだから驚く。1万2千円貰ったら、ホントに消費が増えると考えてるとしたらオタンコです。

我が国の税収せいぜい40兆。不景気の今年は間違いなく10%以上少なくなるだろう。なのに2兆円投じるというのだ。何度も書いてきた通り、年金も健康保険も2009年あたりから極めて厳しい状況になってしまう。そう遠くない将来、破綻が見え始めた日本の国債(国の借金)など買うヤツは居なくなる。

ただ今から病気を治そうとしても手遅れ。手術をしても、高価な薬を使っても立て直せない。日本には体力(この場合、若い年代層です)が無いからだ。麻生首相の政策のように、痛み止めで現実を忘れるしか無いと思う。いよいよ先が短くなってきた。ハードランディングへの備えを始めよう。
posted by 親方 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 国沢光宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

使えない若手急増中!

最近いろんなトコロで「若手が使えない」という話を聞く。どう使えないのか? どうやら極端なマイペースらしい。も少し詳しく説明すると、スマップの『世界の一つだけの花』の歌詞そのまんまなのだ。歌詞をリンクしておくので、じっくり読んでください。

自分の子供や恋人をイメージしているなら素晴らしい! こういった精神を根っこに持っていれば、必ず幸せになれる。されど現実の社会で「1位にならなくてもいい。キミは一人しかいないのだから素晴らしい!」なんてこと、絶対通用しません。

なのに若手の多くは「競争をしない教育」を家庭でも学校でも受けてきてしまっている。先輩が良い仕事をしたとしよう。本来なら「自分もそうなりたい!」と頑張らなくちゃならない。けれど若手は「自分はそこまで出来ない。自分のペースで頑張る」なのだ。

もちろん一生懸命頑張っている若者だっている。いや、今までの世代よりはるかに若い能力や技量、技術を持っているコだって少なくない(この件、近々)。残念ながら頑張っているコは「例外」と言ってもいいようだ。加えて「頑張るコ」は10歳代の後半から自分の道を歩んでいる。

何と無く学校を出て何となく就職を決めたようなコは、社会に出ると「使えない」と評価されてしまう傾向。国沢学校で何人もの若手に会い話をしたが、粘りの薄さに驚く。我が国が抱える問題は少子化だけじゃないかもしれません。


posted by 親方 at 21:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 国沢光宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

人間には向き不向きがある

仕事にはいくつかのタイプがある。大雑把に分類すると、1)何かを作る。2)作られたモノに商品価値を付けて売る。3)モノを右から左に動かして手数料を取る。どの仕事にも長所と弱点が存在してます。そして「優劣」も無いと私は思う。問題は「どれを選ぶか」だ。

最も効率良いのは3)だろう。利ざやを稼ぐ仕事の代表格である証券会社のリーマンブラザースがチャプター11(会社更生法)を申請し、破綻した。一般的に新卒で年収700〜800万円。3年もすると成績良ければ1500万円と言われている。

素晴らしい年収に魅力を感じ、優秀な人材が3)の業種に続々入っていくけれど、浮沈は激しく競争厳しい。最大の弱点は「何も産まず、社会に貢献することが出来ない」ということ。お金は儲かるかもしれないけれど、感謝されることなどありません。

その逆が1)の仕事。経験で収入は決まるため、賃金の上昇率という点じゃ3)に勝てない。ただ「良いもの」を作れば評価されるし、技術の蓄積だってある。クルマや電気製品はもちろん、農業や漁業を見ても、100年前より明らかに進化してます。

どんな仕事を選んだらいいかは、もう個人個人の資質によって決まる。頑張れば何をやっても成功する、という考え方もあるだろうけれど、今や要求されるレベルが高い。私はどんなに頑張っても100mを12秒台で走ることなど不可能(もちろん若い頃の話です)。自分の資質をキチンと見つけられたら、人生楽しいし成功すると思います。


posted by 親方 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 国沢光宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

先輩や上司と遊ぶ!

若い人はどうやってストレスを解消しているんだろう、と思う。ひと昔前なら限られた時間であるものの、いろんな”遊び”があった。例えばスキー。1980年代のスキー場ときたら、もうトンデモナイ状態。金曜日の夜など、関越が混むんじゃなく「関越に乗れない」のだ。もちろんリフト待ち30分なんて当たり前。

伊豆七島の人気も強烈! 夏休みに入るや、東海汽船はナンパしてやろうという若い野郎共でコボれるほど。大阪南港発の沖縄行き乗ったら、ほとんど遡上中の鮭の大群の中という雰囲気。クルマ好きはラリーに出たり改造したり。バイク好きなら峠かツーリング。皆さんエネルギッシュだったように思う。

じゃ今の若手が徹底的に元気無いのかと言えば、そんなこと無い。サバイバルゲームに誘ってやると、普段あまり活気の無い若者がランボーになろうとしちゃう。まぁテクニック無いからボコボコにされるのだけれど「凄く楽しかったっす!」。ラリーのチーム員に混ぜたら、これまた活き活きとして作業をしてる。

もしかすると親に代表される「大人」が真剣に遊んでやらなかったからかもしれない。ちなみにウチのコドモは二人ともいろんな遊びに引っ張り込んだ(合わなかったアイテムもあったらしく今になってクレーム付けられたりして)。それが良かったのか悪かったのか現時点じゃ解らないけれど、目立つらしい。

ムスメなど「海外の方がストレスない」と学生時代から休みの度に外国だったし、私から見ると小粒のムスコも、友達の中じゃ遊びの名人扱いされているんだとか。今からでも遅くない。一度先輩や上司に「遊び方を教えて欲しい」と頼んでみたらどうだろうか? きっと大歓迎してくれるに違いない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


posted by 親方 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 国沢光宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

坂本龍馬が出てきて欲しい!

若い人は理解出来ないかもしれないけれど、現在60歳前後の「団塊の世代」に属す諸先輩方は、学生の頃、ホンキで「国家のあり方」について考えていた。大学など「勉強する場所」というより、「天下や国家のあり方を考える場」というイメージ。考え方が合わない同世代の志士達と抗争まで起こすほど。

しかし今や天下や国家を憂う若者など超少数派。というか、皆さんそんなこと考える気持ちすら持っていない。環境問題に熱心な若者であっても、国家についちゃ無関心なのだ。「自分の将来は国が作っていく」という認識など無いんだと思う。イヤでも食料苦や戦争に巻き込まれてしまう国だってあるというのに。

若者にとって重要なのは、せいぜい周囲10人。多い人でもミクシィ仲間の数十人というコミュニティか。この中で1位になれたり特長を出せたりしたら、それで満足しちゃうのだろう。こらもう小学校や中学、高校を通して同じ。だからこそ将来の不安を感じないママ親のスネをかじっていられるのかもしれません。動物としてあまりに弱い。

ただ救いは、キチンと現状の説明をすると一応の理解を示してくれること。「良い話を聞けて勉強になりました」という人も少なくない。本当に理解してくれているかどうかは不明ながら、国家を考えるキッカケになったら嬉しい。そろそろ坂本龍馬のような若者が出てきてくれないだろうか?

もし若い方で、司馬遼太郎氏が書いた『竜馬がゆく』を読んでいない人が居たら、国沢光宏にダマされたと思って読んで欲しい。必ず得るところあると思います。


posted by 親方 at 00:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 国沢光宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

若い世代にとっちゃ大チャンス!

ラジオ日本の収録で半年ぶりに会った牧野紗弥ちゃんと雑談してたら「ニュースや社会の動きを見ていたら最近大人が信じられなくなってきちゃいました」。無責任な人が多過ぎると言う。けれど自分じゃ何も出来ないから凄くもどかしいそうな。ずいぶん勉強したね!

紗弥ちゃんは海外留学の経験もある才媛。彼女のような「社会を考えている若者」に聞くと、一様に同じようなことを考えているようだ。まぁ「自分なら何でも出来ます! だから公務員になります!」と根拠のない自信を持つ東大生や、逆に何も考えていない若者とかも多いですけど。

閑話休題。「国沢学校の記事を読むと暗い話ばかりでイヤになる」という意見を頂く。もう少し行間を読んでいただければ解ると思うけれど、私自身、暗い気持ちなどコレッポッちも持っていない。終わりは始まりを意味するからだ。というか、1日でも早く終わらせたいと考えているほど。

例えば「国は借金や年金で破綻する」と書いている。国が破綻すると、日本の通貨である「円」はゼロを二つ程度失うだろう。困るの誰か? 若い世代じゃありません。財産を持っている40歳代以上の人間です。私を含めこの人達はダメな国を作ってしまった責任を取らなければならないワケ。

国が抱える1000兆円の借金だって10兆円になる、と考えていい。これ、第二次世界大戦でも経験していること。戦争の費用を調達するため、戦時国債という紙切れをバンバン印刷。国を信じそいつを買った国民も多かった。戦後、猛烈なインフレとなり、10円のモノが1000円になってしまう。

されど戦後、国債を換金したら額面と同じ10円のまま。1千万円の蓄えを持っていた人も、10万円の蓄えになってしまう。現在の赤字国債とまったく同じ構図。今の日本の国債買うなんて信じられぬ。国の破綻とはそういうことです。もちろん公務員は職を失い、多くの人にとってゼロからのスタートになる。

精算さえ済めば後は自由! 役に立たない官僚達などケ飛ばし、若い世代達を中心に新しい日本を作っていけばいい。その際、日本にとって必要なのが技術力。若い人達はそろそろ「新しい日本」を意識し、心の準備を始めるべきだ。そうそう。優良企業は国の破綻に耐えられることを付け足しておきます。



posted by 親方 at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 国沢光宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

25歳以上のフリーター

読売新聞の「世論調査部」という部署が、総務省や厚労省のデータを調べて書いた記事によれば「今や3人に1人は非正規雇用者で平均月収は19万2900円と正規雇用者の31万8200円の6割程度」だと言う。そして収入不足が未婚率増加の一員になっている、と説く。

その通りだと思う。ただ「20歳台前半の若者達は早い時期に結婚する傾向が出てきた」というデータもある。新卒者の就職率も徐々に増えてきている模様。どうやら「団塊ジュニア」と言われる層(25〜35歳が中心)と、その下の世代で価値観は変化しつつあるようだ。

考えてみればウチのコドモ(25歳と23歳)の世代を見ると、就職するし結婚もハードル低いかもしれない。私のムスメなど典型例か。コドモの友達達も同じような傾向を示す。団塊ジュニア達と違い、けっこうカタい人生を歩もうとしているように見える。

もっと深く分析すると、団塊の世代より若い年代の親たちは定職に就くことを強く進める。「これだ!」という就職先が見つからない場合、団塊世代の親たちだと「じっくり考えれば良い」。方や団塊世代より若い親たちは「とりあえずどこかに就職しておけ」。

今後、一番厳しい目に遭うのが25〜35歳の人達かもしれない。若手の正規雇用者に賃金で抜かれ、待遇で抜かれ、仕事で指示される。かといって就職しようとしても年齢的に厳しい。どこの企業に聞いても、「20歳台後半以上の方は厳しいですね」。

25歳以上のフリーター達はどうしたらいいのだろうか?


posted by 親方 at 15:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 国沢光宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

卑怯者が増えた

ここ10年で日本人は「卑怯になったもんだ」と痛感する。というか日本の社会が卑怯者を厚遇し過ぎなんだと思う。ブログなどを見ても今や本名を出すことなど超レアケース。自分の写真だってモザイク入りときた。なぜ正々堂々、本名や写真を出さないのか? 国沢学校の学生である岩田君に問うてみた。

すると「ボク達の世代は学校などでそう習いました。だから本名や写真を出すことにとても抵抗があります」。確かに本名や写真を出すと攻められる可能性出てくる。出さなければ被害を受ける確立だって少なくなることだろう。同時に「卑怯な攻撃をしても大丈夫」と考えるアンポンタンが出来てしまう。

日本に限らずオトコたるもの、最初は「名乗り合い」から入るべきだ。だからこそ相手を評価し、対等に付き合える。コソコソしている輩の言うことなど無視していい。特に趣味の分野は匿名性など不要。皆さんもブログや掲示板など匿名のヤツらに荒らされたら瞬時も迷わず削除すること。ヤツらに人格など無い。というか発言する権利すら無いと思う。

面白いのは、未だに雑誌の売買欄を見ると本名から住所、電話番号まで書いてある。システム変更がないことを考えると、大きな問題になっていないのだろう(そう遠くない将来、無くなるかもしれませんが)。韓国のように匿名性を完全に無くさない限り、黄昏野郎天国は続くだろう。困ったもん。

ちなみに最近、私の誹謗中傷を繰り返す最も卑怯な輩の正体を掴んだ。見つけたら「逮捕されるの上等!」ですぐ殴り込みに行こうかと思っていたけど、いざ解って見れば「さぁどうしてやろうか?」。国籍差別や宗教差別さえ汚い文言で行うそいつを使っているメディアを含め、責任を取らせたい。


posted by 親方 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国沢光宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

気軽に結婚しちゃえ!

いやいや興味深い書き込みがありました。結婚観についてなのだけれど本質を突いていると思う。以下、紹介したい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

検索サイトで「結婚したくない」と検索してください。たくさん、したくない人の意見と、それを真面目に聞いて書き込んでいる人の意見が出てきます。この時点で「この国は茶番劇場だな(笑)」と思います。

もう笑うしかないです。基本的には結婚して子供を安定的に世に送り出すシステムが無ければ国は100年くらいで滅びます。それを真面目に聞いて、話し合って(基本的に荒れてますが)いる時点で茶番。

そんなの最初から意見を聞くまでもなく「正当な理由も無く、結婚せず、子供残さない奴は社会的に認めない。だって滅びちゃうから。以上!」それだけです。だって滅びます。本当に結婚真面目に考えない奴には良い国です(笑)

まあその結婚しない理由も第一には「ダルい」「めんどくさい」です。そんな理由で議論できる国は世界中捜しても日本しかないかもしれませんね。   (たけ)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

書き込んだ人も結婚してない、というオチはこっちにおいといて、正論でしょう。最近の若い人は、生物としてのポテンシャルに欠けると思えてならぬ。コドモは別の問題だけれど、好きな相手居たら「気軽に結婚しちゃえ!」とアドバイスしておく。ケンカもするけど一人より二人の方がずっと楽しいよ! イヤなら別れりゃいいんだから。


posted by 親方 at 01:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 国沢光宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

免許所持者急激に減少

警察白書によれば10年前の平成9年は20〜24歳の人口が958万人居て、ウチ786万人が免許を所持していた。しかし先日公表された昨年の数字を見て愕然とする。なんと人口724万人に急減。免許所持者585万人になってしまったのだ。10年で25%も減少したということです。

恐ろしいことに現在16〜19歳の人口は一段と減少して507万人。加えて免許の所持率も低下傾向。この世代、平成9年度の男性は36,6%が免許を持っていたけれど、今や29,9%になってしまった。5年後の20〜24歳に於ける免許所持者は平成9年の半分以下になってしまうだろう。

この数字、原付や2輪免許も含んでのもの。都市部では普通免許の所持率が下がっていると言うから、クルマに乗れない若者の比率は着実に増えている。なんで免許を取らないのか? 聞いてみたら「そうだろうなぁ」。免許を取得する予算を確保出来ない上、クルマに対する憧れも無いのだ。

今や普通免許を取得しようとすれば30万円以上掛かる。親にとっても少なくない出費だ。都市部に住んでいる若者だと「就職してから取得すればいい」。取得率が100%近いの、公共の交通機関の無い地方在住であり、なおかつ高校卒業後すぐ就職するという人達。それ以外、急いで取得する必要性無し。

クルマに乗る必要もない。昨今の若者は行動範囲が狭く、移動する時も複数。仲間のクルマに便乗していくというのケース多し。なるほど免許やクルマを持っている仲間なんかいくらでもいる。加えて都市部在住のフリーターだとクルマを所有することなど収入的に厳しい。大型のスクーターが上限かと。

若者の行動範囲は、いろんな意味で狭くなってきている。これを「良くない」と考えるのが間違っているかもしれない。なんたって移動少なければECOですから。若者のためにも「小さな政府」が望ましいのに、今のジジイ達は未だにムダ使いばかり画策してます。

逆に若い世代の課題は「視野が狭い」という点。世の中の流れみたいなことに感心薄すぎる気がします。


posted by 親方 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 国沢光宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。