2010年12月19日

広州に入りました

広州モーターショー取材のため、昨日から中国に来ています。今回は一人旅です。

飛行機は航空運賃の問題で、土曜日の中国南方航空を選択しました。当然エコノミーですし、あまり期待はしていませんでしたが、機内に入ると使い方はよく分からないけどUSB電源付きのモニターは付いているし、シートはレカロと意外にも好印象。

seat.jpg


機内食も16時の出発で1時間後の17時頃に出てくるという不満はあるものの、まずまずの内容です。

meal.jpg

その他で問題なのは機内の温度調整が良くない点くらいで(私もとなりの中国人と思われる男性も防寒着を着たままでした)、日系の航空会社と比べたらトータルでは劣るにせよ、往復で2万円くらい安い運賃を考えれば大満足の内容です。中国南方航空は、中国に行く際には検討する価値が十分あります。

中国時間の20時に着陸し、長い荷物待ちの後タクシーで市内へ。車種は15年くらい前のVWパサートですが、去年も思ったようにダンパー抜け抜けだし、広さ以外はクルマによる差はありません。しかしこれも去年も思ったことですが、遠慮ないパッシングやホーン攻撃、車線区分関係なしの追い越しなど、多少の怖さはあるにせよタクシーのリアシートは結構楽しいです。こういうドライビングスタイルで運転していいのなら、覚悟を決めて中国で運転するのもストレスが溜まらないという意味で面白いかもしれません。道路で見る車はホンダとVWに加え、最近中国で盛り返しているGM系のビュイックが多かったです。

ホテルは日本円で4000円台のところですが、写真のように大きなベッドだし、インターネットは無線LANがよく分からない私には有難い有線LANで、バスタブではなくシャワールームなのと部屋の温度調整が分からず少し寒い以外は納得ものです。

hotel.jpg

プレスデイは明日からなので、今日はショーの会場へ向かい先にプレスパスをもらいに行きました。足はお金もないのでタクシーではなく地下鉄です。広州の地下鉄は分かりやすいのと去年も来たことに加え、冗談のように聞こえるかもしれませんが、遠出する際には用意周到な準備をする性格なのが幸いしてか40分程度ですんなりと会場に到着。

プレスセンターを探すのに若干苦労しましたが、無事プレスパスを受け取りました。プレスセンターを探す途中、ショーは明日からなので必然的に準備中の会場を見る訳ですが(初めての経験)、会場は「本当に明日からショーが出来るの?」という状況。しかしながら、多分明日の朝までに準備は終わり、ショーが始まるのですから、こういう光景を見ると人間の凄さというものを感じさせられます。同時に会場の設営をしている人達が、私には生き生きと働いているように見えたのも印象的でした。

お昼は去年食欲がなく食べなかった会場内のマクドナルドです。38元(約530円)のチキンナゲット付き「スパイシーチキンバーガー」を選びましたが、日本にないメニューなのは別にして味は日本とほぼ変わりません。

Mac.jpg


帰りにはホテル近くで3時のお茶として再度マクドナルドのデザートを食したのですが(10元、約140円)、店内は大混雑。またホテル近くのマクドナルドでは時間帯による割引もやっており、マクドナルドが混んでいるのとマクドナルドの商法は日本も中国も同じようです。

今回の広州ショーは広州ホンダの独自開発車とティーダ後継車が目玉のようですが、その他にも見どころはたくさんありそうです。ショー本番が非常に楽しみです。

metro.jpg
地下鉄駅内の看板。冷凍食品か何かと思われますが、真ん中の男性、ナインティナインの岡村さんに凄く似てませんか? というより中国にいると日本人も中国人もほとんど見分けつきません
posted by 親方 at 18:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 永田恵一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最後の広告はケンタッキーの広告です。
中国では、マクドナルドよりケンタッキーの方が人気があります。
Posted by ららら at 2010年12月22日 21:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。