2010年11月30日

トレジアが発表されました 2

さて車自体ですが、一番初めに感じるのは初代ラクティスと比べて「すごく低くなった」ということではないでしょうか。私個人の話として初代ラクティスには叔母が乗っておりたまに乗るのですが、乗り心地は今一つだけどシャキシャキ楽しく走るし、クルコンも付いてるし広くて便利となかなか気に入っています。その印象で背の低くなった新型を見ると、ヨーロッパを見ているという理由もあるのでしょうけど、フィットなどとの全高の差もなくっている訳ですから、差別化かが出来るのかちょっと心配になります。

oldractis.jpg
実は個人的に愛している1台の先代ラクティス、正直なところは我が家で9年間乗り溺愛していたゴルフVをその後叔母が1年使い、ラクティスがゴルフVの後釜だから可愛がっているというのがほとんどかもしれませんが

ラゲッジスペースもリアシートのバックレストが長くなってシートとしては正しいものになった副作用なのか、ラクティスではリアシート収納時にフラットになったのが完全フラットではなくなってしまいました。

treziarage.jpg
お客さんはどう評価するか?

ちなみに新型ラクティスでは福祉車両が日本で初めて型式指定自動車になりました。このことはコスト面や納期でとても素晴らしいことなのですが、福祉車両として考えると(福祉車両を作っている開発陣にはまったく非はない前提の話です)、背が低くなったのは乗降性や車椅子のままリアシートに入れる仕様の場合の障がい者の方の居心地の部分で、若干チグハグな気もしてしまいます。

見ただけではあまり良くない印象に見える新型ラクティス&トレジアですが、スバルとの共同開発でもあることを踏まえると「乗ったらメチャクチャいい車なのかもしれない」とも思います。しかし、その期待の相当分をブチ壊しているように感じるのが価格です。具体的にはラクティスの一番安い1.3X/144万5000円、1.5S/178万5000円(ラクティスとトレジアで若干の差額あり)。1.3リッターに対し10万円高い1.5リッターエンジン搭載車ならフィットのXやハイブリッドも買えますし、1.5Sならウィッシュまでもう一息です。

treziaeg.jpg
1.5リッターエンジン。屁理屈かもしれませんが、エンジンカバーもなくなってる!

元々ラクティスは結構お高い車でしたが、当初は「クルコンやパドルシフトも付いているしまあ」と何とか納得出来ました。しかし、去年フィットにXが追加されてからは客観的に見れば「背の高さが必要な人以外ラクティスを買う理由は何だろう?」と、ラクティス好きの私でも感じていました。そこをモデルチェンジでどう巻き返すか期待していたのに、背が低くなってフィットに近づいて、かつお値段も高いとなると・・・・・・。もしかするとトヨタのコンパクトカーの本命は来年出るヴィッツ級ハイブリッドカーなのかなと思ってしまいました。ならば、スバルにもヴィッツ級ハイブリッドを回して欲しいと考えるスバルファンも多いのではないでしょうか。それにしても、トレジアはOEMにしては珍しく分家の方を応援したくなる車でした(笑)。

ちなみに発表会では4台の展示車が奥から遅れて出てきたのですが、奥からの登場の際、展示車は窓を開けて外からハンドルを持った人に押されて出てきました。レースのダミーグリッドに着く前みたいでカッコいいと見るか、会場の問題とはいえ「エンジン掛けて出てきてくれよ」と取るか分かれるかもしれません。

treziain.jpg
個人的には前者の「カッコいい」と思う気持ちが強いですが




posted by 親方 at 14:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 永田恵一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サイドエアバッグやスタビリティコントロールが標準で装備されていれば多少高くても納得するのですがねぇ…
そもそも、サイドエアバッグの標準装備宣言は完全に無かった事になっているのでしょうか?
Posted by 松田 at 2010年12月02日 01:36
ラクティスのカタログを見ると福祉車両はハイルーフになっていて、室内高を確保しています。
福祉車両のベースにするのに背を低くしたのはチグハグですが・・・。
Posted by 荒木 at 2010年12月17日 19:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。