2010年05月05日

ワークスエアロの脅威!

ゴールデンウィーク中、友人の先代フィットにエアロパーツを付けました。選んだのはホンダワークスの無限の商品です。写真の通り、ノーマルだとプレーンな美しさがあるフィットが大変ヤンチャに変身しました。価格は部品代と塗装代を合わせて15万円程度でした。

GD3.JPG

GD4.jpg
リアスポイラーは友人の意向で無限ではなく純正メーカーOPを後付け

この車のテーマは無限のホイールを履いていることからも分かるように、狙いは簡単に言うと無限の先代フィットのデモカーです。私は車いじりは音痴のため、取り付けは仲間何人かで行いましたが、無限のエアロはさすがにフィッティングが良く、そこも感心です。

GD1.jpg

GD2.jpg
こちらがノーマル

オーナー本人は車をカッコ良くすることには興味があっても、機能的なチューニングに関してはほぼ無関心なためスタイルだけで大満足でしたが、個人的にはエアロの効果に興味津々でした(「このエアロ効くって話だよ」と言っても、「エアロってカッコ良くするためだけにあるんじゃないの?」とカルチャーショックを受けていました)。

実際にテストして見ると、猛烈に効いています。具体的には70キロくらいからフロントの落ち着きが増してきますし、高速道路の追い越し車線のペースで走ってもノーマル状態は多少緊張が出てきていたのが、エアロ装着後は別の車のようにリラックスして走ることが出来ます。ここまで効くとは自分でも驚きでした。やっぱりワークスが作ったエアロパーツは大したものです。このエアロの効果を体感すると、かなり売れていると言われているインサイトの無限エアロも非常に気になります。エアロパーツ装着に使った15万円は安い出費ではないにせよ、効果とスタイル、売るときにいくらかは回収できることを考えれば人のお金ながら非常にいい買い物だったと思います。

ちなみにこのエアロは形状の問題で出口の太いマフラーも欲しくなってしまいますが、こんなところはコーディネートしているためとはいえ、無限さんも商売上手です。エアロ装着で車が良くなってくると先代フィットの泣き所の荒れた道での乗り心地の悪さが友人も不満になっているようで、足回りにも手を加えたくなっているようです。エアロ装着で最低地上高が低くなっているため、車高は下げたくそうなのでショーワから出ている後付け品の「コンフォート」を個人的な興味も含め勧めています。

それにしても友人を見ていると先代フィットの偉大さを改めて感じます。友人はカッコの良さだけで黄色のフィットを買ったのですが(「黄色のフィットじゃなければ白いフィットも赤いフィットもデミオもマーチも同じだ」と言うくらい車に無関心でした)、それが「マイカーをカッコ良くしたい」という動機だけにせよ、エアロとホイールという嗜好品だけでも自動車業界に20万円も使ってくれているのですから。車に無関心だった人をそこまで変える先代フィットのパワーは素直にすごいと思います。自分でも「新車の現行フィットを買う予算で、中古の先代フィットをいじるのも面白いかも」と真面目に思ってしまいます。先代フィットが日本COTYだけでなく、去年2000年から2010年までのエポックメイキングに選ばれたのも大納得です。





posted by 親方 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 永田恵一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。