2010年02月11日

2010JAIA試乗会2 アバルト グランデプント(270万円)

2台目もイタリア車です。昨年の輸入車業界における1つの大きな話題だったフィアットのアバルトとルノーのRSというメーカー系チューンのホットハッチの1台だけに気になっていた車でした。

punt2.jpg

punt1.jpg


動力性能から見ていくと155馬力の1.4リッターターボといえども、車重が1240kgと意外に重いこともあって、アバルトという名前から浮かぶちょっと荒っぽそうなイメージからすると扱いやすさはありますが、やや大人しい加速感です。音も特にドラマ性を感じさせる部分はなく、全体的には想像よりは普通かなという印象。しかし、ワインディングロードくらいまで想定するならちょうどいいところかなと思います。もし、試乗してみて「刺激が足りない」、サーキットもガンガン走るというなら、“エッセエッセ”という180馬力にパワーアップされ、タイヤも17インチから18インチになる仕様(335万円)もあるので、こちらを選ぶ手もあります。ちなみにアバルト グランデプントの価格は270万円なのに対し、格下のアバルト500は295万円! 調べた際には「間違いじゃないないのか?」と驚いてしまいました。このあたりは希少性などの問題なのか分かりませんが、面白いというかよく分からない価格設定です。

punteg.jpg

乗り心地は跳ねるとまでは行きませんが、道路の繋ぎ目などで落ち着かない傾向があり、決して安楽ではありません。しかし個人的には小さなホットハッチらしい元気な雰囲気を感じるものだったので、こういう車らしいかなと好意的に解釈しています。

逆に雰囲気という面でちょっと残念だったのがインテリア、フィーリング面です。具体的には着座位置の高さとシフトフィールをもう少しソリッドにして欲しいという点なのですが、この辺はシート交換やクイックシフトでの対応など購入後のチューニングで直していけばより楽しめる車になりそうです。

puntinterier.jpg

何はともあれ、こういった楽しい車が比較的リーズナブルな価格で買えるというのは嬉しいことに違いなく、フィアットもルノーもインポーターがこの種の車の販売に力を入れつつあるのを高く評価したいところです。


posted by 親方 at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 永田恵一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。