2010年01月18日

東京オートサロン1、D1デモラン&D1車両

先週末東京オートサロンに行ってきました。金曜日のプレスデーではなく、一般公開日の土曜日に行ったのですが、今の自動車業界の不景気や閉塞感で溜まっていたストレスやあり余っていたエネルギーを全部爆発させたようなお祭り騒ぎでした。

TAS.jpg
午前10時前の比較的空いている会場

午前10時前に幕張メッセに着き、速攻で向かったのは屋外で行われていたD1グランプリのデモ走行。自分でドリフトをしたことはありませんが、実は5年くらい前までは結構D1を見に行っていたドリフト好きの私です。演者はグッドイヤーチームの4台でメンバーは

D13.jpg
BNR34顔のHCR32スカイラインの手塚選手

D16.jpg
ゼロクラウンの時田選手

D14.jpg
JZX100チェイサーの高橋選手、白煙で周りが見えなくなりつつあります

D15.jpg
C35ローレルの春山選手

久々にD1ドライバーの走りを見ると迫力と爆音、そして白煙に圧倒され、自然にテンションも上がります。見ているとドリフトをやってみたくなるのも普通の気持ちでしょう。普段のD1だと見るのに結構なお金がかかるところを、オートサロンだと入場料の中にD1観戦代も含まれているのですから、非常に有難いことです。

デモランではツインドリ、トリプルドリも

D18.jpg

D17.jpg

D19.jpg
今時直6エンジン搭載車を三重奏で見れるのは貴重な光景

D1demo.jpg
デモラン後展示スペースにD1車両が戻るだけでこの人だかり、ドリ車は切れ角アップしているのでビッグセダンでも凄く小回りが利きます

D1ドライバーは昔からですが、空き時間には気軽にサインなどにも応じてくれ、お土産に粗品をくれたりもします。

ここからD1車両の紹介です。

D1eg.jpg
本来V6のゼロクラウンのエンジンは2JZ+ビッグタービン

D1DL.jpg
チームダンロップ

D1JZZ30.jpg

E90.jpg
D1界のお金持ち、T&E上野選手の30ソアラと3シリーズ

D1orange.jpg
追走の魔術師チームオレンジ

D1TY.jpg
チーム東洋タイヤ

D1RX-8.jpg
RE雨宮は今シーズンRX−7からRX−8にスイッチし、ロードスターと思われるレシプロエンジン車も投入

JZS161.jpg
織戸選手のJZS161アリスト

屋外ではほぼ一日中ドリフトイベントが行われており、他も見たかったのですが、そうしていると本当にD1だけで終わってしまうのでホールへ足を向けました。D1のおかげで人が分散し、ホールが混んでしょうがないということもなかったようです。なお、D1グランプリは今シーズン3月末のお台場開幕戦から公式戦7戦、エキシビジョン2戦が予定されています。


posted by 親方 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 弟子永田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。