2010年01月14日

BS エコピアEX10が発表されました 2

発表会では場所がお台場だったこともあり、プレゼンテーションの後にお台場のD1グランプリで使う駐車場をベースに一般道を使った試乗会も行われました。試乗車はプリウスLとインサイトの15インチでしたが、今回は新車にグッドイヤーGT3という評価の高いエコタイヤを履き、国沢師匠所有の20プリウスでGT3を何度も体験したことがあるという観点でプリウスを選びました。

EX10demo.jpg
白のプリウスと銀のインサイトが何台も並ぶある意味凄い光景

EX10pri.jpg
本職の方が組んだタイヤは気持ちいいくらいエアのバルブと合わせる黄色いマークが揃っています

と言いながらも、転がり抵抗が少ないかはGT3での記憶や比較対象のタイヤもないので分かりませんでした。しかし、フィーリング面は対GT3でステアリングセンター付近の締りやハンドルを切った際のレスポンス、正確さが向上しているように感じました。大切なエコの部分は分かりませんでしたが、タイヤとしてのフィーリングはノイズも小さいですし上々です。乗り心地も特に気になるところがなかったので、GT3よりも良くなっている気がします。

EX10run1.jpg

EX10run2.jpg
エコタイヤとは思えない鋭い走り

会場にはBスタイルEX、EX10それぞれを使った3輪車もデモンストレーション用にありました(タイヤサイズはインサイトなどに使われる175/65R15)。

EX10cycle.jpg

こちらは違いが分かりやすく、発進や加速時に必要な力の量などEX10の転がり抵抗の少なさが確認出来ました。また、印象的だったのグリップの差で、3輪車ですから横方向から掛かる入力の増加により後輪の内輪の浮き上がりが発生しますが、その頻度は同じようにハンドルを切っているつもりでもEX10が多かったです。これはグリップの強さとイコールと考えていいのではないでしょうか。それにしても本来2〜3cmのタイヤが付いている自転車に175幅のタイヤが着くと、重さやグリップが強烈でした。

EX10golf1.jpg

EX10golf2.jpg

上の写真は、下り坂をニュートラルで下ることによる転がり抵抗低減のデモンストレーションです。写真の通りEX10の方がよく転がっています。

EX10はメーカーの主張ではありませんが、EP100ほどストイックに燃費は追求していないけど快適性を含む走りもなかなかで、エコロジーとエコノミーの折り合いも良く、魅力あるエコタイヤでした。今後ブリヂストンのラインナップにおける1つの柱になるのは間違いないのではないでしょう。


posted by 親方 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 弟子永田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。