2009年10月19日

新型マークXが発表されました

今日は東京台場のメガウェブで、2代目となるマークXの発表会でした。

markXsp.jpg
写真はスポーツ

9代続いたマークUを含めると11代目のモデルとなる新型マークXも長年続いている「中の上クラスのFRセダン」というコンセプトはそのまま。ですが、精悍になったスタイルにスタンダード、スポーツ、プレミアムという3つの顔を用意し、FR車らしい楽しい走りを目指すなど先代以上に若返りを図りました。スタイル自体は見る角度やボディカラーによって「クラウンっぽい」、「先代アコードっぽい」とも感じるものの、最近の4ドアセダンにしては珍しいくらい低く見える点などカッコ良くなったことは間違いないと思います。ただ、写真を整理していて気付いたのですが、どれがどの顔だったか区別しづらいのも事実で、そこはちょっと考えものかもしれません。

markXata.jpg
売れ筋と思われるスタンダード

markXpre.jpg
最上級のプレミアム

markXside.jpg
4730mmの全長にしては長く見えるサイドビュー、全高は従来と同じ1435mm、全幅は20mm拡大の1795mm

markXrear.jpg
後ろ リアビューは先代アコードのようなレクサスISのような感じ、そういえばバンパ一体(ぽかった)マフラーも普通の形に

インテリアは縦長になったインパネが特徴的です。

markXinterier.jpg
やっぱり質感はクラウンの勝ち、というより車格の差を出すのがうまいというべきなのでしょうけど

リアシートは足元空間は十分以上ですが、サイドウインドウの入り込みが意外ときついので圧迫感を感じる方もいるかもしれません。

markXrearseat.jpg
リアシートは先代同様にトランクスルー、リクライニング機能付き

機能面は、基本的にエンジン、プラットホームともに先代のキャリーオーバー。しかし、エンジンは2.5リッターがレギュラーガソリン対応(最高出力は215馬力だった先代の12馬力落ちの203馬力)となり、3リッターも3.5リッターに格上げされました。


marKXeg.jpg
レギュラー対応が嬉しい2.5リッター

プラットホームも特に目新しい部分はないものの、「先代マークXでは乗り心地がゴツゴツしている」という声が多かったそうで、そのあたりのフラットライド感の向上に力が入っているそうです。なお、タイヤサイズはスタンダードとプレミアムが16インチ、スポーツが18インチとなります。現行クラウンやランクルプラドのような「熟成メインのモデルチェンジだけど劇的に良くなっていた」という仕上がりに期待したいところです。

merkXtire.jpg
スポーツの18インチホイール、3.5リッターは対抗キャリパー付き

価格はベーシックな250G“Fパッケージ”の238万円から。先代の同じグレードに比べると7万円ほど値下げされている上に、VSCやサイド&カーテン、ニーエアバッグまで付いていることを考えるとバーゲンプライスです。

3.5リッターは337万から380万円という価格帯。数が出るグレードとは思えませんが、「予算はあるけどクラウンはNG」、「クラウンの2.5リッターならマークXの3.5リッター」といった層には一定数売れるのではないでしょうか。

エコカー減税は2.5リッターの250G系の「リラックスセレクション」が対応しており250G“リラックスエディション”で269万円(単なる250Gとの差は助手席パワーシートくらい、パワーシートの重量増で車重のクラスをあげて減税に対応?)、重量税と取得税が50%軽減となります。面白いというか微妙なのがエコカー減税と10万円の新車購入補助金の対象とならない250G“Fパッケージ”との実売価格差(13年落ち以上の車を廃車にしてもらえる25万円の補助金は2.5リッターなら対象)で、30万円の定価での価格差が減税、補助金を含めると大幅に縮まります。しかもマークXは幸か不幸か全グレード車重が1510kg以上なので、減税対応グレードの買うと次の車検の時の重量税が上がってしまうということもありません。そう考えると、13年落ちより新しい車から乗り換える場合には来年3月までの期間限定となる面はあるにせよ、現時点ではリラックスセレクションがベストチョイスに思います。

もうマークXにマークU時代のような信仰があるわけではありませんが、それなりに需要はあるでしょうし、13年落ちとなるドリフトのベース車としても人気の90系、100系のマークUから買い替えも期待できる点を考えると、案外売れる予感がします。販売目標台数は時代を考えると強気にも思える3000台。なおレイツ名での中国での現地生産は先代がしばらく継続生産されるのか、とりあえずないそうです。




posted by 親方 at 21:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 弟子永田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新型マークXは確かに驚きの価格ですが、目新しい新技術がほとんどないのが残念です。安全面に関して言えばインテリジェントAFSは旧型同様最上級グレードのみの設定でプリクラッシュセーフティもプレミアム系のみ、クラウンで採用された後方プリクラッシュや緊急ブレーキシグナル、助手席ニーエアバッグやリヤサイドエアバッグ、後席プリテンショナー&フォースリミッターシートベルトはそもそも設定なし・・・もはや当たり前になりつつあるこういう装備はもっと積極展開してほしい。かつて8代目にあたる100系マークUでサイドエアバッグやVSCなどを積極採用したことを考えると、個人的には「進歩がないし、意欲的にみえない」という印象です。本体価格引き下げと反する部分もあるでしょうが・・・。
Posted by ty at 2009年10月20日 18:57
マークXは家族持ちのクルマ好きのオトーさんが、少しがんばって買うクルマなんですよ。
だから、コストパフォーマンスが一番重要なんです。そこをトヨタはキチンと押さえているのは流石です。
そもそも、マークXってのはトヨタの上級FRプラットフォームの良さをリーズナブルに
楽しむクルマです。
VSC+TRCが標準になっただけで立派なもんですよ、大バーゲンです。
そして、プラットフォームの熟成が進んで
今回のマークxは美味しくなってますよ。
Posted by X007 at 2009年11月07日 21:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。