2009年09月25日

人気欧州コンパクトモデル試乗その1 〜BMW MINIONE〜

今年はoldMINIが登場して50年目の記念すべき年。いまでは実質的なBMW開発主本のFFスペシャリティモデルとなっており、世界的にアイドル的人気を集めているのはご承知の通り。

02年に登場したそんな次世代newMINIも、現在では2代目へと進化。見た目は「超」キープコンセプトながらも、エンジンや足回りなどに大幅なアップデートが図られました。そんなMINIのロングランテストを行う機会を得たので、レポートしたいと思います。

テストしたのは、ベーシックモデルであるONEの6速ATモデル。テスト車両には通常の鉄っちんホイールではなく15インチアルミホイールが装着されているなど、多数のオプションが装着されていました。ONEの区別の仕方として他には、グリルやリアガーニッシュがブラックとなり、ルーフがボディ同色になるなど。確かにクーパーのほうが見た目の高級感は確かに上ですが、個人的には鉄っちんホイールなど、シンプルなONEの見た目に惹かれる部分も。また、年齢層や男女関係なく、老若男女問わず誰でも似合ってしまうその佇まいの良さも、新旧MINIに共通する美点といえます。

005.jpg

先代モデルはクーパーだけでなくONEも1.6Lでしたが、新型は1.4L。またトランスミッションが低速域でのドライバビリティにひと癖あったCVTから、新型ではコンベンショナルな6速ATへと変更を受けたのは日本市場にとっては歓迎していいポイント。またこのベースのONEから6MTモデルが用意されているのも、インポーターに拍手!したいところです。

1.4Lエンジンの出力はたったの75ps。ゼロヨンではかろうじて20秒を切るレベルの動力性能ですが、実際運転したみた印象は「必要にして十分以上」。ゼロ発進時には多少なりとも排気量の小ささやモアパワーを叫びたくなりますが、一度走り始めてしまえばそこからの加速感やレスポンスは期待以上。トルコンの滑りをあまり感じさせずスパスパっと素早く変速を行う、クロスレシオの6速ATの効果によるところも大きいでしょう。

マニュアル操作の際のシフト側の操作ロジック(押してダウン、引いてアップ)は個人的には○ですが、ステアリングシフトもいわゆるマツダ・BMW方式と同じなので、こちらは片手でアップダウンができるという利点があるものの、一般的なパドルシフトから比べると少し慣れが必要です。

また決してスポーティとは言えないものの、重圧で安っぽさを微塵も感じさせないエンジン・エキゾーストノートも排気量の小ささを意識させない美点。できれば6速MTであればもっと軽やかに、それらしく、走る事ができるでしょう。燃費は積極的に走って13km/L程度。トルク不足を補うためにどうしても踏み込み気味となるので、もしかすると、燃費の面ではクーパーの1.6Lのほうが良好かもしれません。

004.jpg

先代に対するアドバンテージは、その乗り味の向上っぷり。いわゆる「ゴーカートフィーリング」というクイックな操縦性を残しつつ、乗り心地や快適性をグッと引き上げたのが2代目最大の進化ポイント。また、クーパーに比べてよりしなやかなサスセッティングが施されたONEは、その魅力がさらに分かりやすいものに。タイヤサイズは175/65R15とクーパーと共通ながら、このサイズは唯一ランフラットでない点の恩恵も当然受けています。

その分絶対的な比較ではクーパーに劣るかもしれませんが、このONEだけを乗ってしまえば操縦性はこれでも十分刺激的。車庫入れでのロックtoロックの少なさからも分かる通り、ステアリングに対するノーズの反応はとにかくクイックかつ正確で、ワインディングでの身のこなしは軽快そのもの。もちろんそれらの刺激性はリスクを伴うセッティングで実現されているのではなく、同セグメントでは圧倒的とも言えるボディ・フロア剛性と、これまた素早いノーズの動きに対してどこまでも追随してくるリアのスタビリティ性能の高さの上に成り立っています。また、4輪の接地性の高さを常に実感でき、ガツンと踏んでもビクともしないブレーキ性能の頼もしさなど、MINIがBMWブランドのFF車として生まれ開発された事をまざまざと実感させてくれる一因と言えます。

5ナンバー枠に収まるといえども、はっきり言って実用性はほとんど皆無。ワゴンボディであるクラブマンであっても、所詮毛が生えた程度であり、それらをこの車に期待する事はハナから間違いです。ようは見た目重視、雰囲気重視。加えて、いざステアリングを握ってみれば、圧倒的なレベルの高さと個性的な味付け。外装部品がほとんどこのクルマ専用であることを考えれば、そのクオリティとの兼ね合いも考えて、220万円程度の価格は日本車との価格差を考えても、正直バーゲンプライスに思えます。ターボモデルのクーパーSを始めとして、さらに強力なユニットを積むシリーズもどんどん拡大していますが、加速はドン亀、しかしそれをシャシー性能でカバーするというこのONEの感覚とポジションこそ、「MINIらしさ」を一番感じるグレードではないでしょうか。

006.jpg

先日のフランクフルトでは、2シーター仕様のクーペ・ロードスターも登場。さらにSUVモデルなど、これからも派生車種はどんどん拡大していくようです。見た目や雰囲気だけで指名買いしても良し、かと言って単なるそれだけのクルマではなく、その走りの個性に惚れても良し。世界的に好調なセールスを実現するMINIの商品性の高さを改めて実感したテストでした。

007.jpg



レポート:岩田 和馬


posted by 親方 at 00:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 岩田和馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
10・15モード燃費だと
Mini Cooper コンバーチブル
Mini One
Mini Cooper
の順で燃費が良いんですね。

重量の重いコンバーチブルの方が排気量の少ないOneや同じエンジンを積んでいるCooperより燃費が良いのは不思議です。


Posted by 凸凹 at 2009年10月01日 21:40
今、現行のCooper S(6MT)に乗ってますが、Oneもいいですよね。
購入時、ちょっと悩みました。
エンジン出力はSとかなり差がありますが、Oneでも普通に乗る分には十分です。

MINIは意外と燃費がいいのも興味深いところ。
私のSで東京に行ったのですが、約870kmを17.7km/L。(大体110km/h平均)
平均速度落とせばまだ伸びるでしょう。

コメントで、実用性は殆ど皆無と書かれていたのが、ユーザー視点ではちょっと気になりました。
一応4人乗って(Rrは女性に限ります)片道200km程度の旅行もいけますし、Rrシート倒せばそれなりに荷物も積めますから。
Posted by Aira at 2009年10月12日 23:17
返信が遅くなってしまい申し訳ありません。

凸凹さん>
それは不思議ですね。日本のモード燃費だと誤差が多いのかも…クーパーがONEよりも良好な燃費というのは実際ありうるかもしれません。

Airaさん>
PSAグループ共同開発の直噴エンジンは相当燃費が優れているようですね。

ONEは「シャシーがエンジンより速い」という点に大変惹かれました。発進時の鋭さはさすがにありませんが、走り始めれば大きな問題ではありませんし。

ただ燃費面だと、ひょっとしたらクーパーのほうがアクセル開度が少ない分良好かもしれません。

「あくまで同セグメントで比較すると」という一文を付け加えるべきでした。失礼致しました。けど、MINIにとっては大した問題ではないのかもしれませんね。笑
Posted by 岩田 at 2009年12月03日 12:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。