2009年08月29日

不人気車こそ中古車の醍醐味

昔から「人気車は高く売れるから新車(=中古車は安くない)、不人気車は値落ちが激しいから中古車狙い」というのは必ず当てはまるわけではないにせよ、よく言われていることです。そんなことを考えながら中古車検索サイトを見ていると、「こんないい車がこんな値段で買えるの?」と思う場面が多々あります。

例えばもう「限りなく5ナンバーサイズに近い小さな高級車、セルシオ」というコンセプトで開発されたプログレとブレビス。コンセプトが分かりにくいといえば分かりにくい、いいコンセプトだったけどニーズがなかった、カッコ悪かった、といった理由で成功作とは言えない車でした。しかし、志は高く、出来もいい車であったのは事実であり、素通りしてしまうのにはちょっと惜しい車です。

そんな隠れた名車が中古車になるとこんな値段で買えます(ブレビスプログレ)。新車時は350万円から400万円した高級車が、かなり新車に近い2、3年落ち/150万円から200万円、まだまだ使える5、6年落ち/100万円、98年登場のプログレなら10年選手に近くなるものの50万円以下や軽い気持ちで買える20万円以下(といっても無事故で走行距離も年式相応程度)もゴロゴロあります。

新しい車なら末長く使えるし、末端価格の車でもトヨタ車の高い耐久性を考えれば、ベルトやホース類、タイヤに代表されるゴムパーツなどの消耗品を換えれば大きな問題なく短くても2年は乗れるでしょう。さらにクルマの性格上、乱暴な使われ方をされた可能性は低い、ばっちりディーラーで整備された車も多数ありそう、ディーラー系のお店で売っている車も多いといったオマケ付きです。

この2台、コンセプトである「小さな高級車」が欲しい人、値段の割にゴージャスに見える車が欲しい人、価格面から「新車のカローラ、プレミオ/アリオンとどちらにしようか」と思える人(税金面、ガソリン代の差はありますが)なら思わぬ伏兵になるかもしれません。

このようにお買い得感の高い中古車は、下取り価格は期待できませんが予想外の掘り出しもになることがよくあります。ネットで中古車を探すだけでも楽しめるのではないでしょうか。






posted by 親方 at 20:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 弟子永田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一時期中古車を調べていた時期がありまして、プログレ・ブレビスもターゲットでした。

この2台、前期型じゃないと厳しいです。

後期型は極めて初期型のD−4でして、ハイオクを使っていても経年劣化が激しいそうです。
ちなみにレギュラーで使っていたエンジンは酷いとか…。
Posted by ユタ at 2009年09月02日 08:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。