2009年05月27日

プリウス試乗記 S(ソーラーベンチレーションシステム&リモートエアコンシステム付)

最後の試乗車はSのソーラーベンチレーションシステム&リモートエアコンシステム付きです。

priusS.jpg

ソーラーベンチレーションシステム&リモートエアコンシステムに関してはバッテリー残量や室内温度がシステムの働く温度まで達していなかったせいなのか、残念ながら確認できませんでした。

乗り味は現在販売されているプリウスでベストと思える仕上がりでした。ソーラーベンチレーションシステム&リモートエアコンシステムの付かない単なるSだと、足回りの仕様は195幅の15インチタイヤ(銘柄はブリヂストンエコピア)+標準サスペンションになるのですが、ソーラーベンチレーションシステム&リモートエアコンシステムの場合はサスペンションが屋根の重量増に対応してなのかツーリングセレクションと同じものになります。ツーリングセレクションのサスペンションというのはバネレートが変更され、ショックアブソーバーの形状が標準サスペンションの一体型から衝撃吸収の効果を持つ「アッパーマウント分離型」というものになります。その効果に加えてタイヤがそれなりの厚みを持ち乗り心地に有利な15インチとなるため、結果としてステアリングの手応えや満足できる直進安定性を確保しながら、乗り心地もしなやかで足がよく動いているように感じるレベルとなりました。タイヤの転がり抵抗も17インチとは大分違うでしょうから、燃費とのバランスも取れた理想的なプリウスだと思います。

プリウスで一番売れ筋になると思われる単なるGとSの試乗車はなかったのですが、GとSはどうなのかも気になるポイントです。もしGとSの乗り心地がソーラーベンチレーションシステム&リモートエアコンシステム付きに劣るとしたら、要因はショックアブソーバーが大きいのでしょうから、きっとコスト的な問題はあるにせよ分離型ショックアブソーバーの拡大採用を望みたいところです。

________________________________________
新型プリウスを個人的に総括すると、文中何度か「先代+アルファ」という言葉を使ったように先代プリウスに乗っている人だったら、各部は格段に良くなっているけど劇的な進歩までは感じない、すぐに乗り換えるほどの必要性はないと感じました。

しかし、ハイブリッドカーに乗った経験が少なくて「安くなったことだしそろそろハイブリッドカーを買ってみようか」という人だったら、燃費の良さはもちろん、今までのプリウスで不満を感じた点が潰され、モーター走行の長いトヨタ式ハイブリッドならではの味が濃くて、自分の車として長期間使っても飽きるどころか大げさに言えば「乗る度に発見がある」(昔のフォルクスワーゲンかアウディの企業スローガンみたいですが)新鮮さはプリウスならでは魅力です。というわけでインテリア関係にいくつか不満はあるものの、新型プリウスの購入を考えている方には納期や補助金のこともありますから、少しでも早い注文を勧めたいと思いました。
posted by 親方 at 23:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 弟子永田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日契約して来ました。
フツーのSかGにしようかと思ってたのですがコメント参考にさせていただき、Sのソーラールーフつきにしました。
試乗車はGツーリングセレクションしかなく、乗り比べできなくてできなかったのですが、国沢親分のブログでも15インチ薦めてたし。
納車は11月みたいですが、楽しみです!
Posted by まめたろう at 2009年05月31日 08:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。