2009年05月27日

プリウス試乗記  G“ツーリングセレクション”レザーパッケージ

昨日は横浜で新型プリウスの試乗会でした。

1台目の試乗車は「豪華版プリウス」と言えるG“ツーリングセレクション”レザーパッケージ。豪華版だけあってグレード名にも謳われる本革シートに注目してしまいますが、本革シートの質は硬めであまり良くありません。いきなり否定的な意見ですが、価格ほどの価値や存在意義を見いだせないグレードに感じてしまいました。

priusGle.jpg

priusGleseat.jpg
魅力や必要性を感じられなかった本革シート

乗ってみると「タウンスピードだと電気自動車に近い」というプリウスの味はそのまま。しかし、そのレベルは確実に上がっており、バッテリーを使っても回生ブレーキで次の走る時に必要な分をかなり回収できるので、40〜50キロくらいまでのスピードで市街地をちょこちょこ走るような使い方だとかなりの距離(もちろん先代プリウスより相当長い距離)をモーター走行することが出来ます。

さらに先代プリウスだとエンジンがかかる際の振動が気になるというか、認識できてしまうケースは多かったのですが、新型はメーター内に表示されるエネルギーモニターを見ない限りほぼ分かりません。この2点だけでも非常に洗練された車に感じます。ちなみにモーター走行中のモーター音や信号で止まるような減速の回生音は先代より大きく聞こえるような気もします。個人的にはモーターの音がよく聞こえて、プリウスの味が濃くなったように思えるのでマイナス要素ではなくむしろプラス要素に解釈したいと思います。

洗練といえばエンジン音もそうです。高速道路への合流や追い越し加速をするようなケースだとあまり音質の良くない苦しげな音だったのが、新型プリウスは「ホンダエンジンのよう」と感じるほど、乾いた気持ちのいいハミングのような音がします。新型に乗ると「あの1.5リッターエンジンって古いエンジンだったんだな(なってしまった)」と深く思います。絶対的な加速感自体は自分でも意外だったのですが、先代+αか人によっては「そんなに変わらないかも」と感じるレベル(高速道路ペースでの静粛性は向上しています)。「排気量が300ccも増えているのに加えて、モーターもハイパワーになっているのに?」と疑問を持つ方も多いと思いますが、その理由は車重にありそうです。車重を見ると、先代プリウスの基準車といえる後期モデルに設定されたS“10thアニバーサリー”(カーナビ、VSCの付いた特別仕様車)の1260kgに対し、このグレードは普通のGの1350kgにカーナビの10kgと17インチタイヤ+アンダーパネルと思われるツーリングパッケージ分の30kgで、おそらく1390kgの車重。130kgも車重が違えば、パワーアップがあっても思ったより動力性能が変わらないのも辻褄が合うようにも感じます。燃費は試乗中の市街地、追い越し加速などをしながらの高速道路といったパターンで大まかに言って22km前後。燃費も先代+αといったところです。

乗り心地やハンドリングは大幅に進歩しました。先代との比較ばかりになりますが、先代は大きな不満や不便はないものの、高速道路を追い越し車線のペースで走るとフラフラ感があって真っ直ぐ走るのにちょっと気を使う、乗り心地も後期型で大幅に改良されましたが300万円近い価格を考えると安っぽいなど、ハイブリッドシステム以外での「オーソドックスな運転する楽しさ」という面では決して誉められた車ではありませんでした。それが欧州戦略車であるオーリスのプラットホームを使った恩恵(そのせいで重くなってもいますけど)と17インチタイヤと足回りが標準グレードと違うツーリングパッケージだったこともあって、ステアリングの手応えやセンター付近の座りが随分ピタッとするようになりました。

乗り心地もダンパーの動きが良くないせいなのか気持ち程度リアが落ち着かない感じはあるものの、17インチタイヤを履いていることを考えれば納得できるレベル。「車は1台しか持てないので、その中に走りの楽しさも欲しい」という人でも満足できると思います。
posted by 親方 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 弟子永田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。