2009年02月07日

インサイトが発表されました 2

続いてハード面です。基本的な構造は一応新規の車となるものの、足回りなどフィットから流用している部分も多く、フィットに近い車となります。ハイブリッドカーに必要なバッテリー(サンヨー製)や制御コンピューターなどは、IPU(インテリジェントパワーユニット)として左右のリアタイヤの間、燃料タンクは後席下に置かれており、プリウスに近い配置となりました。

CIMG7261.JPG
やっと整理整頓が完了しました(笑)

シビックハイブリッドではハイブリッド関係の部品がリアシートのシートバック後方にありましたが、インサイト用では床下にきれいにまとめられました。床下にすべて配置出来た要因は当然ながらIPUの小型化で、大きさは約19%、重量でも約28%軽量になっており、ハイブリッド関係の部品のコストも約40%安くなっているそうです。ちなみに車重は量販グレードで1190kgとシビックハイブリッドより100kg程度軽いです。

insightipu.jpg
写真はIPU単体、円柱状のものがバッテリーのセル

エンジンとモーターに関しては、シビックハイブリッドと同じ1.3リッター2バルブエンジン+CVTとの間に挟み込む小型モーターという構成です。スペック的にはシビックハイブリッドのエンジン/94馬力+モーター20馬力より低い88馬力+14馬力となります。これはエンジンが低中速重視に、モーターは約22%小型化(重量も15%軽量)され、よりエコに振っているためです。燃費は15インチタイヤのモデルで10・15モード/30.0km、JC08モード/26.0kmと、31.0km&25.8kmのシビックハイブリッドより10・15モードでは僅かに劣りますが、優秀です。

insighteg.JPG
ホンダIMAのロゴがなかったら、ハイブリッドカーとは分かりません

insighthv.JPG
写真はホンダIMAシステムのメイン部、左からエンジン、モーター、CVTと並びます

ここまで概要ばかり書いてきましたが、ホンダのハイブリッド(ホンダIMA)に関しておさらいしておくと、ホンダのハイブリッドは小型のモーターをエンジンとトランミッションの間に置き、エンジンの補助として使うシリーズハイブリッドで、構造が比較的シンプルかつ軽量、低コストというのが特徴です。実際の走行では

・発進加速、走行中の加速→エンジン+モーターの補助

・低速走行→条件によってエンジンを全気筒休止させ、モーターのみ

・高速巡航→エンジンのみ

・減速時→回生ブレーキでバッテリーに充電(バッテリーに電気が貯まるのは減速時のみ)

・停止中→条件に応じてアイドルストップ

となります。

燃費向上といえば現行オデッセイから採用されたECON(イーコン)モードも装備されており、エンジン制御、アイドルストップ領域の拡大、ブレーキ回生量の増加、エアコンの省エネ化が行われます。オンにすると実燃費で10%程度向上するそうで、低コストで燃費を向上させるという意味では非常に効果が大きいです。

________________________________________
価格については先にお伝えしましたが、グレードによる装備の差は

・G(189万円)/オーディオ関係以外フル装備

・L(205万円)/GにHIDライト、革巻きステアリング、マップライト、前後のアームレストなどが追加

・LS(221万円)/Lに16インチアルミホイール、パドルシフト、姿勢制御デバイスVSA、フォグライトなどが追加

※VSAはG、Lにもオプション選択可能、クルーズコントロールの設定は一切なし

となります。どのグレードもリーズナブルな価格ですが、「安価なハイブリッドカー」というインサイトの持ち味を考えると、GかLに必要なオプションを付けるというのが賢いように思います。また、インサイトの価格が出たことで、トヨタが継続生産される現行プリウスの値段をいくらにしてくるかも大いに気になります。

世界で年間20万台の販売を目指し、日本ではすでに月間販売目標台数と同じ5000台の注文を集めているというインサイト。低価格によるハイブリッドカーの普及や、フィット、シビック、アコード、CR−Vと並ぶホンダの柱となるかなど、しばらく目の離せないモデルとなりそうです。

CIMG7277.JPG
posted by 親方 at 01:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 弟子永田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホンダのハイブリッドは小型のモーターをエンジンとトランミッションの間に置き、エンジンの補助として使うシリーズハイブリッドで、構造が比較的シンプルかつ軽量、低コストというのが特徴です。

シリーズ方式ではなくて、パラレル方式ですよ。
http://www.honda.co.jp/tech/auto/engine/honda-ima/ima02/index.html
Posted by イナマ at 2009年02月11日 12:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。