2008年12月27日

パッソとブーンの7人乗りが発表されました その2

ハード面は冒頭に書いたとおり、パッソ/ブーンがベースになっています。

エンジンはbB/Cooやラッシュ/ビーゴにも使われているダイハツ製の1.5リッターで、トランスミッションはスポーツモード付きの4速ATとの組み合わせです。

paseeg.JPG
最高出力は標準的な109馬力

シャシーの方はパッソ/ブーンのストレッチ版(ホイールベースを310mm延長)となります。リアサスなどは重量増に対応して新規かと思いきや、パッソ/ブーンの強化タイプとなるそうです。

パッソセッテ/ブーンルミナスはパッソ/ブーンベースであるのに加え、コスト的に有利なヒンジドアということで価格に期待する方も多いと思いますが、価格はパッソセッテでベーシックグレードのX/149万円、豪華グレードのG/173万5000円、エアロ付きのS/186万5000円(GとSはサイド&カーテンエアバッグ付き、ブーンルミナスと若干の違いがあり)。

個人的にはスライドアのシエンタのベーシックグレードがオーディオも付いて157万5000円ですから、パッソルミナスがオーディオレスなら145万円前後からと予想していたので、意外に高いように感じました。さらにシエンタは登場から5年以上が経っており、値引きも含めた実売価格だと同じカローラ店扱いでユーザーはどちらを選ぶのか気になるところです。

ちなみに月間販売目標台数はパッソセッテ/3000台、ブーンルミナス/500台。パッソセッテの方は「パッソ」として台数がカウントされるので、現在月間販売台数ランキングで一桁後半が定位置のパッソの順位がどこまで上がるかにも注目したいです。

クリスマスの発表ということで、発表会が始まる前の車はこんな風になってました。

pasebefore.JPG





posted by 親方 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 弟子永田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。