2008年12月26日

パッソとブーンの7人乗りが発表されました  その1

昨日はパッソ/ブーンの派生モデルとなる、パッソセッテとブーンルミナスの発表会でした。2台はパッソ/ブーンをベースにしたコンパクトクラスのヒンジドア7人乗りミニバンで、パッソ/ブーンと同様にダイハツの開発、生産となります。

販売店はパッソセッテ/トヨタカローラ店、ブーンルミナス/ダイハツディーラーとなるわけですが、トヨタカローラ店というかトヨタには同クラスに属するシエンタもあります。「似た車が同じメーカー内、ディーラー内に?」とも感じる人は多いでしょうけど、このあたりはスタイルの方向性やヒンジドアのパッソセッテ、スライドドアのシエンタと差別していくようです。

ダイハツディーラーでは「軽自動車から家族が増えたからコンパクトカーに乗り換えたい、でもCoo(bBのOEM車)では狭い」と考えるユーザーのステップアップ用モデルとなりそうです。

スタイリング(2台の違いはエンブレムのみ)はウィッシュやプリウスといったしばらく前のトヨタ車に似た感じ。万人から受け入れられるスタイルと言えるのではないでしょうか。

pase1.JPG
写真はパッソセッテ

サイドビューやリアビューはちょっと日産ノートを延ばしたような雰囲気に感じます。

pase3.JPG

pase2.JPG

2台にはエアロパーツ付きのグレードも用意されます。

paseaero.JPG

インテリアはこのクラスのミニバンとしては標準的な質感ですが、100万円前後のグレードが売れ筋となっているパッソ/ブーンに比べると格段にグレードアップしています。

paseinterier.JPG
収納スペースも豊富、シートは写真のベンチシート(アームレスト付き)とセパレートシートの2種類

セカンドシートは広さ自体はこのクラスの平均レベル。しかし意外にシートの厚みがあることもあり、居心地は結構良さそうです。シートが5:5の分割になるせいなのか、センターアームレストがないところだけはちょっと惜しいです。

paseseat2.JPG

珍しい装備としては、おそらくコンパクトクラスのミニバンでは初となるメーカーオプションのリアエンターテイメントシステム(DVDが再生でき、リモコンやワイヤレスヘッドホン付き)も用意されます。価格は10万5000円です。

pasemoniter.JPG

サードシートは「小柄な人なら十分乗れる」レベルです。このクラスのミニバンのユーザーは、基本的にサードシートを畳んだままにしてラゲッジスペースの広いコンパクトカーとしてユーザーが多いでしょうから合格点と言えると思います。


個人的に高く評価したいのがラゲッジスペース。サードシート、セカンドシートともにフラットになりますし、操作も簡単でスペースも結構広いです。

paserage1.JPG
サードシートを畳んだ状態、ヘッドレストの置き場確保されている点もいいです

paserage2.JPG
セカンドシートまで畳むとこんな感じ
posted by 親方 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 弟子永田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。