2008年12月17日

iQに乗りました

遅ればせながら、ようやくトヨタIQのステアリングを握ることができました。あくまでも限られた時間で一般路を軽く流した程度なので、細かなインプレッションはできない事を、あらかじめご了承願います。

試乗車は100Gのレザーパッケージ。右側のプッシュボタンを押し、エンジンスタート。余談ですが、やはりレクサス系の左側配置よりも、プッシュスタートは右側にある方が感覚に合います。

始動直後の音と振動は、まさにヴィッツの3気筒のそれ。残念ながら、ナビなしでも乗り出し価格200万円近いクルマとしては、正直やはり安っぽく期待外れな感じは否めません。

同じ3気筒でも、今やこのレベルより静かで落ち着いた660ccの軽はたくさんあります。ただ、ヴィッツのそれよりも遮音性が高いのか、アイドリング中の時間が少し経ってくれば車内はいたって静かです。

これまたヴィッツ譲りの、少し運転席から離れ気味にも思えるゲート式レバーを動かして、ゆっくりと動き出します。ここの動き出しは、極めてスムーズ。CVTの悪癖は今やまったく感じません。

またそれ以上に800kg台という軽い車重と、BSエコピアの優れた転がり抵抗の少なさをもつタイヤの影響も大きそうです。アクセルもこのクラスの車によく見られる不自然な早開きのセッティングでない事も好印象。

次に驚かされたのが、やはりその圧倒的な小回り性能の高さ。ある程度今まで根付いている、クルマを動かす感覚と少しかけ離れています。曲がる、というよりも、その場で回転している…というような印象。

フロントウィンドーからの景色が、真横に流れていくこの感覚は、ちょっと今までのクルマでは感覚したことのない動きです。しかし、全幅はボリュームがあり、また比較的ドアミラーが大きいので、実際の車幅感覚であるミラーtoミラーの数値は2000mm超と3ナンバーセダン並。

交差点や路地などを曲がる際には、ビックリするくらいに小回りが効く……しかし、狭い道の通り抜けや対向車とのすれ違いではそれなりに気を使う……この「普通の車とちょっと違う」という感覚が、運転しやすいと感じるか、むしろ少し怖いと感じるか、楽しいと感じるか、印象が分かれそうです。

バックで駐車する際にも、この短すぎるとも言えるボディの大きさが、今までの経験で備わっている車両感覚を狂わせます。また、せっかくの超コンパクトなボディも、デザイン優先のため斜め後方の死角は大きく、またリアのヘッドレストを装着していると、視界の大きな妨げにもなります。

おそらくリアのオーバーハングが短いから大丈夫という理由で、純正OPのカーナビにはリアバックモニターが省かれていますが、これはこのIQだからこそむしろ装着すべきだったのでは、と思います。

逆に言えば、初心者の方がこのIQでクルマの車両感覚を覚えてしまうと、他のクルマにはもう乗れなくなってしまうかもしれません。それだけ、ごく歩くようなゆっくりとしたスピードで走っていても、このIQの個性の強さは明白です。

そして、その小回り性能と同じくらい驚きだったのが、しっとりとしたステアリングフィール。そのガッシリとした握りの良さが印象的だったステアリングは、こういった超コンパクトボディながら走りの骨太感を期待させてくれるパーツですが、そのステアリングに伝わるフィーリングも極めて高級感あふれるもの。

これも超コンパクトFFを開発するにあたって、ステアリングギアボックスがフロントタイヤのちょうど真上に設置されるという、このIQならではの物凄いレイアウトによる副産物的影響でしょうか。

フロントタイヤからのインフォメーションは大変豊富で、電動パワステの悪癖も全く感じず、切り返しでのスムーズさも◎。重すぎず軽すぎず、またステアリングゲインはさほど高くないものの、超ショートホイールベースの影響によって、街中で走る限りは、本当にステア操作に対してクイックにクルマが反応してくれます。

拍子抜けのエンジンとは裏腹に、このステアリングからのインフォメーション性の高さは、ヴィッツなどのトヨタのコンパクトカー兄弟だけではなく、トヨタ車全般から見てもいい意味で異端な出来。高速時でのインプレッションができないのは残念ですが、このステアフィールに関しては、プレミアムコンパクトとしての素質十分に感じました。

フィーリング的にはイマイチなものの、動力性能に関しては、この1Lエンジンのキャパシティで十分以上。軽ターボのはつらつとした動きもそれはそれで良いのですが、やはりここはパワーが似通っていても、絶対的な排気量の余裕を大きく感じます。

CVTの方も、やたら回転だけ先走るような感覚にならない印象は、他メーカーと比べてもより強く、低速〜中速のトルクの厚い回転域をしっかりとつかって加速させてくれるセッティングです。音質面は全く期待できませんが、2名〜3名乗車でも街中でかったるさを感じることはほとんどないでしょう。

それだけに、個体差なのか初期モノに関する熟成不足なのか、1200〜1300回転付近でボディ全体に共振するような、大きな振動に襲われるのが大変残念。

速度としては40km/hにいくかいかないかという速度域。少しアクセルを踏み込み加速状態で回転をちょっと上げればすぐに収まるものの、街中ではこれくらいの速度域は日常茶飯事。

個人的な感覚としては、同乗者に対して申し訳なく思うくらいにブルブルとボディが共振し、これだけで仮に完全に購入対象であったとしても、ちょっと検討し直したいと思うレベルでした。

動き出せばヴィッツ以上にかなり静かで、またエコタイヤながらロードノイズもしっかりと遮断されているだけに、やはりこの始動時と巡航時に感じる3気筒のネガが、このIQの魅力を大きく削いでしまっているように感じました。

もちろん、エンジンマウントやボディ剛性なども影響しているのかもしれません。事実ボディはかなりガシッとした印象で、足周りなども比較的固めのセッティング。しかし、フロントの接地感やスタビリディ、ブレーキング性能なども含めて、残念ながら走り込んではいないので特別これといった印象は記せません。

発進時にリアがピョコっと沈み込むような感覚がありますがパワーがパワーだけに、トラクション不足を感じることはありませんでした。むしろ4気筒モデルだとフロント側の重量が増して、そのフィーリング向上も含めて、全体的なバランスがよくなるかもしれません。


いろいろと書きましたが、乗る前よりもはるかに印象はよくなりました。確かに、価格面も含めて、この1Lのフィーリングでは、最近の出来のいい軽自動車と比較してしまうとちょっと…という感覚もありますが、やはり全体的な頼もしさとドッシリ感は普通車ならでは。

特にステアフィールに関しては、見た目の頼りない印象とは裏腹に、従来のトヨタ車とは少し領域が違う新しい一部分を垣間見る事ができたような気がします。

もちろん絶対的なパワーという部分では、この1Lモデルで十分以上。実際ヴィッツでも1Lモデルは十分たくさん売れていますし、神経質にならなければ、この排気量とは思えないほどの力強さとスムーズさを持っています。

ただフィーリング面でもう一息と感じた方は、噂される4気筒1.3Lエンジン搭載モデルの追加を待ってもいいのではないでしょうか。また、欧州に存在する1.4Lディーゼル+6速MTという組み合わせがあってもおもしろいかもしれません。

販売の絶対数で言えば、はっきり言って大きくは見込まれないと思います。しかしだからこそ、この個性の強さをしっかりと生かした、今後のラインナップ充実に期待したいと思います。


岩田和馬(19歳 大学1年生 大阪府在住)
子供の頃から筋金入りのクルマ好きで、自動車メディアの仕事に就くことが夢です。自動車メディアは東京中心であり関西人には縁遠いものに感じていましたが、国沢学校での経験を通し夢実現に向け頑張って行きたいと思います。

posted by 親方 at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩田和馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。