2008年12月04日

新型アコードが発表されました その1

今日は8代目となるアコードの発表会でした。一口にアコードといっても世界的に見ると日本ではインスパイアとして売られる北米アコードを代表にアメリカのアキュラ仕様などいろいろなアコードがありますが、今回のアコードはすでにヨーロッパで販売されているアコードを日本向けに仕立て直した車となります。

accord1.JPG
写真はセダン

写真を見ていただくと「見た目は先代に似ているけど、随分立派になった」と感じられる方が多いのではないでしょうか。それもそのはずで、全長は先代より若干長くなった程度(セダンで65mm延長された4730mm)なのに対し、全幅の方は80mmも拡大された1840mm! 先代と新型の全幅の差を例えるなら、先代がクラウンで新型はレクサスLSのような感じです。

今回の幅の拡大はコンセプトというか車格の変化が大きく関係しているようです。というのも新型アコードもクラスとしてはヨーロッパでいうDセグメント(VWパサート、マツダアテンザ、プジョー407、ベンツCクラス、BMW3シリーズ、アウディA4など)に属しますが、その中でもカッコ内後半3台が代表となるプレミアムクラスを目指しています。つまり先代よりも半クラス分くらい車格を上げることが狙いにあり、そのことを考えればプレミアム性+ボディの大きさ、具体的な車名を挙げればアウディA4に近い形でライバル車と戦おうというコンセプトなのだと思います。

accord2.JPG

そういった事情もあり、今回から「ツアラー」に名前の変わったワゴンボディはパサートなどの実用性重視のクラスが見た目よりスペースを優先したスタイルにする傾向なのに対し、プレミアムクラスはスペースよりカッコよさを重視するのに倣ってスタイリッシュになっています。先代のワゴンがどうも後ろの部分との一体感に欠けるものだったのを考えると、「よくぞここまで」と感じます。

accordt1.JPG

accordt2.JPG
ワゴンの方が全体的にまとまっているか?

インテリアも質感が大幅に向上し、デザインも個性的でプレミアムカーへ転身するという意気込みが伝わってくる仕上がりです。

accordinterier.JPG

質感といえば物入れも全部ではありませんが樹脂のままではなく植毛加工がされていたり、ドアの開けた部分にプラスチックのカバーが付いていたりと細かいところまで入念に作り込まれています。

accorddoor.JPG
目立たないところながら高級感向上に大きく貢献

ワゴンのラゲッジスペースも高級感溢れるもので、隅々まで引きつめられた立派なカーペット、最近見なくなったラゲッジスペースとキャビンを仕切るネットなど車格に相応しい設えになっています。

accordrage.JPG
パンク修理キットの採用で床下には収納スペースも、広さはそこそこ

室内スペースは幅が拡大された分横方向のゆとりは格段に向上していますが、後席の足元空間はクラスの平均といったレベル。といっても長距離ドライブに使っても大人4人が十分くつろげる空間を確保していると思います。
posted by 親方 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 弟子永田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。